越谷市|越谷の名産品を使った「越谷の縁起コロッケ」の販売を開始

越谷市の名産品である「くわい」を使用した、「越谷の縁起コロッケ」が、2018年1月15日(月)から販売されます。

越谷の縁起コロッケ

スポンサーリンク






スポンサーリンク






越谷の縁起コロッケ とは?

越谷市は、広島県福山市に次ぐ「慈姑(くわい)」の生産量を誇ります。
この越谷の名産品である「くわい」をもっと気軽に食べてもらおうと、越谷市商店会連合会は、越谷市が推進する越谷コロッケ事業の第一弾として、「くわい」を使ったコロッケ「越谷の縁起コロッケ」を開発し、2018年1月15日(月)から販売を開始します。

試作品
試作1
試作品
試作2

「くわい」の実は、ピンポン玉と同じ位の大きさで、大きな芽が出ることから、「芽出たい → めでたい」として、めでたい席やお正月に縁起のよい食べ物として出されています。

「越谷の縁起コロッケ」の販売期間中は、市内参加店で各店オリジナルの紅白の「越谷の縁起コロッケ」を数量限定で販売します。

販売期間 2018年1月15日(月) ~ 各店なくなり次第終了
販売店舗 越谷市内21店舗(詳細は、チラシで)
越谷商工会議所のホームページで販売終了店舗の情報を公開します。
主催 越谷市商店会連合会
後援 越谷商工会議所、越谷市

「越谷の縁起コロッケ」の基本ルール

  • 越谷市内の慈姑(くわい)を使用するものであること
  • コロッケであること(形状は問わない)
  • 慈姑を丸ごと使い、芽を突き出した形状を推奨する
  • “縁起”の紅白をあしらうものであること
    ソースや包装、ディスプレイなどで“めでたさ”を表現してもよい
  • ルールを守って自店で開発されたオリジナルの商品であること
  • 越谷の縁起コロッケ”として売り出すものであること
チラシ表
「越谷の縁起コロッケ」チラシ(表)
チラシ裏
「越谷の縁起コロッケ」チラシ(裏)

このサイトの作成にあたり、越谷市のホームページを参考にしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください