夏休み「日本一“サムい”ドーム球場」にエメラルドクールパークオープン

埼玉西武ライオンズは2016年7月18日(月・祝)〜8月21日(日)に開催する「ライオンズフェスティバルズ 2016」にあわせて、ご来場いただいたお客様が暑い夏を涼しく楽しみ、試合観戦までのお時間を快適に過ごしていただくイベント「Emerald Cool Park (エメラルドクールパーク)」を西武プリンスドームフラッグス前広場にて期間限定でスタートいたしました。


Sponsored Link






日本一サムいドーム球場 各コンテンツの紹介

埼玉西武ライオンズは、屋根とスタンドの間に隙間のある日本で唯一のドーム球場である西武プリンスドームを本拠地とし、毎年お客様にはシーズン開幕の春先はまだ肌寒く、夏は非常に暑く、虫の遊び場ともいえる環境下で非常にたくさんの声援を頂いております。

しかし、酷暑が予想される2016年の夏を迎えるに当たり一つの決心をいたしました。
それはこの夏、西武プリンスドームを「日本一サムいドーム球場」としたいという決心であります。
一口に“サムい”と言っても色々な“サムさ“があります。
物理的精神的視覚触覚味覚、などありとあらゆる方向性の“サムさ“をご用意して、お客様に納涼体験をご提供したいと考えています。

お客様にはぜひ「避暑地の一つ」として、西武プリンスドームに足をお運びいただき、サムいコンテンツで十分に涼んでいただいた後、選手たちの熱いプレーに声援をお送りいただければ幸いです。

ライオンズアイスボックス

対象: 3歳以上の方(小学生以下のお子さまは要保護者同伴) 料金:300円(税込)/5分

栗山選手、メヒア選手、森選手各選手が見せた今シーズンの印象に残る名場面を氷像で再現しているほか、イベントユニフォームの歴史をたどれる展示をご用意しています。
-13℃のボックス内は外気温との差が約40℃になることもあり、世代を問わず人気を博していました。
ボックスの中には氷像と並んで記念写真を撮影する親子の姿が目立ちました

あのライオンズ選手が氷の彫刻に!? -13℃の世界を体感しよう

ボックス内の様子

森選手 氷像

メヒア選手 氷像

主な夏の歴代イベントユニフォーム

ビッグウォータースライダー

対象: 3歳以上、体重75kg以下の方
料金: 無料
※着替え専用のテントを用意しています。

高さ5mの高さから滑り落ちるビッグウォータースライダーは爽快感満点!
水着を着用して滑るとよりお楽しみいただけます。


この日一番人気のコンテンツで、スタート直後から長蛇の列ができていました。
高さ5mから滑る際にはかなりのスピードがついており、体が逆さになって降りてくる姿も見受けられました。
何度も何度も挑戦する子供も多く見られ、たくさんの笑顔が生まれていました。

ウォータースプラッシュ

対象: どなたでもご利用可 料金: 無料
飛び出す水しぶきは涼しさ満点! 暑い夏は水遊びを楽しもう!
※着替え専用のテントを用意しています。

一定間隔で吹き出す水とミストシャワーに加えて、特定の位置に剣を指すと水が勢いよく吹き出す装置は打ち水のようにその場の暑さを和らげてくれました。
子供たちは勢いよく吹き出す水を浴びようと何度も何度も剣を土台に差し込み、大量に降りかかる水に大歓声を上げていました。

アクアチューブ

対象: 2名まで合計体重150kg以下の方 料金: 無料
フワフワゆらゆら!巨大風船に入って未体験の水上歩行を体験しよう!
※着替え専用のテントを用意しています。



水の上に浮かべたビニールチューブの中では足元が不安定なこともあり、子供たちが普段体験できない感触を味わって歓声が何度も起こっていました。
また親子で体験しているお客様も非常に多く、家族で楽しまれている姿が多く見受けられました。

バブルプール

対象: どなたでもご利用可 料金: 無料
大人にも子どもにも大人気! あふれるほどの泡の中で遊ぼう!!

sub9
泡を体中に浴びて駆け回る子や、泡の吹き出し口で待ち構える子など、普段体験できない泡まみれになることもあって、スタート時から体験するお客様が非常に多く、たくさんの皆様に楽しんでいただきました。

Sponsored Link

Sponsored Link




出典:株式会社西武ライオンズ

コメントを残す