不要なパソコンの無料宅配便回収キャンペーン始まる

リネットジャパン株式会社は、各家庭で使われずに眠っている小型家電に含まれるレアメタルの回収促進を目的として、全国エリア※1を対象に3月15日(火)から5月16日(月)までの期間、「引越&新生活 パソコン無料回収キャンペーン」を実施します。



Sponsored Link






都市鉱山1億キロ発掘プロジェクト

名称 都市鉱山1億キロ発掘プロジェクト
目標回収量 1億キロ (国民一人あたり1kg)
目標期間 2015年12月10日 ~ 2016年12月31日
詳細 国が掲げる目標「都市鉱山を国民一人あたり1kg(=1億キロ)の回収」を、宅配便回収を通じて実現するプロジェクト。
第一弾施策として「大掃除パソコン片付け無料宅配回収キャンペーン」を実施した。
この度、第二弾として「引越&新生活 パソコン無料回収キャンペーン」を実施。
今後も回収促進に向け様々な施策を行っていく予定。

引越&新生活 パソコン無料回収キャンペーン

期間 2016年3月15日(火) ~ 5月16日(月)
対象者・概要 全国エリア(沖縄県・一部の離島を除く)

パソコン本体を含む回収 <通常> 880円/箱 ⇒ <今回> 無料
※パソコン本体を含まない回収は1箱880円(税抜)
※箱に入れば小型家電(400品目以上)は何点詰めてもOK
※箱のサイズは3辺合計140センチ、重量20キロ以内
※パソコンのデータ消去ソフトも無料で利用可能、別料金で消去作業+証明書発行も可能

利用方法

無料回収のお申し込みはこちら

プロジェクトの背景

2013年4月、小型家電に含まれるレアメタル、いわゆる都市鉱山のリサイクルなどを目的に小型家電リサイクル法が施行されました。
リネットジャパンは、 2014年1月に、環境省・経済産業省から小型家電リサイクル法の再資源化事業計画の認定を取得し、同年7月より全国初・国内唯一の取り組みとして、全国60以上の自治体とも連携して使用済小型家電の宅配便を活用した回収サービスを開始しています。

使用済小型家電の中でもパソコンは、「捨て方がわからない」や「データが心配」という理由から退蔵されることが多く、経済産業省の調査では「約47%の家庭で不用なパソコンが眠っている」という結果が出ており、その数、パソコン3,000万台以上※2と推計されます。

このような状況の中、リネットジャパンでは昨年12月に各家庭に眠ったままになっている都市鉱山を1億キロ(=国民1人あたり1キロ)発掘し、リサイクルを促進するプロジェクトを発足しました。

今回はプロジェクトの第二弾施策として、本格的な引越シーズンに向け全国エリア※1を対象に3月15日(火)から5月16日(月)までの約2ヶ月間、パソコンを含んだ回収について、宅配便で無料回収するキャンペーン(通常は1箱880円の回収料金が必要)を実施します。

引越・新生活シーズンには多くの小型家電の廃棄需要がある等、家の中を片付けする機会が多いことから第二弾を実施することとなりました。
宅配便回収の認知度を高めるとともに、利便性を体験いただくことで普及を図って参ります。

リネットジャパンは、宅配便を活用したパソコン・小型家電のリサイクルを通じて、限りある資源の有効活用を促進し、一層の環境・社会への貢献を目指して参ります。
※1.全国エリア(沖縄県・一部の離島を除く)
※2 経済産業省「消費者アンケート」から推計

自治体との連携

宅配便回収は、全国63市町村と連携

政令指定都市
札幌市,仙台市,新潟市,さいたま市,千葉市,川崎市,相模原市,横浜市,静岡市,浜松市,京都市,神戸市,福岡市
※平成28年3月4日時点

都市鉱山について


日本には年間65万トンもの使用済みとなる小型家電があり、その中には有用な金属が28万トンも含まれています。
例えば「金」は全世界の埋蔵量の16%に相当する6,800トン、「銀」は全世界の埋蔵量の22%に相当する60,000トンが日本国内に眠っています。
その埋蔵量は世界の天然鉱山にも匹敵し、日本の家庭に眠る「都市鉱山」と呼ばれています。
※環境省:我が国に眠る地上資源の発掘・活用より

Sponsored Link

Sponsored Link




出典:リネットジャパングループ株式会社

コメントを残す