さきたま史跡の博物館で、さきたま古代体験「ガラス玉づくり」体験

さきたま史跡の博物館では、毎年人気のさきたま古代体験「ガラス玉づくり」を開催します。

今回の体験では、バーナーでガラス棒を熔融し、点などの模様を入れた2、3個のガラス玉づくりをつくります。
オリジナルのガラス玉を作ってみませんか。

Sponsored Link






ガラスの歴史は古く、古代メソポタミアや古代エジプトまで遡ります。
日本においては、弥生時代前期末の遺跡から発見されています。
古墳時代の遺跡からもガラス玉を制作した鋳型等が出土し、単色のガラス玉や色ガラスを複数用いて作られたとんぼ玉などが、副葬品の中からも発見されています。

さきたま古代体験「ガラス玉づくり」体験
体験内容 バーナーでガラス棒を熔融し、点などの模様を入れた2、3個のガラス玉づくりを体験します。
対象 小学校5年生以上 (小学生は保護者同伴)
なお、この体験は初心者向けの体験です。
「とんぼ玉づくり」などを作ったことがない方にお勧めです。
開催日 2016年2月2日(火) ~ 21日(日)
2月8日(月)と15日(月)は休館日のため体験はございません。
開催時間 1回目: 9:10 ~ 10:30
2回目: 10:40 ~ 12:00
3回目: 12:50 ~ 14:10
4回目: 14:20 ~ 15:40

また、ガラス玉を冷却するため、ガラス玉のお渡しは体験終了の約50分後になります。

開催場所 県立さきたま史跡の博物館 さきたま体験工房
行田市埼玉4834
行田市埼玉4834
費用 1,100円(傷害保険料込み)
また、別途観覧料が必要です
(一般200円、高校生・学生100円。ただし、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料)

なお、申込み後のキャンセルは、前々日までに当館に御連絡願います。
前日及び当日のキャンセルの場合、傷害保険料100円をいただくこともあります。

申し込み 1月5日(火) 9時から電話(048-559-1181)で事前申込必要(先着順)
定員 各回2名(申し込み順)
問合せ 県立さきたま史跡の博物館 広報・学習支援担当
電話 048-559-1181
ファックス番号 048-559-1112
アクセス 電車・バス利用はこちら
自動車利用はこちら

Sponsored Link

Sponsored Link




出典:このサイトの作成にあたり、埼玉県及び県立さきたま史跡の博物館のホームページを参考にしました。

コメントを残す