【お寺で怪談】葛飾北斎ゆかりのお寺「柳嶋妙見山法性寺」にて開催!

【お寺で怪談】「すみだ 北斎美術館」オープン前告知イベント

「ひゅ~ドロドロ」鳴り物による怪奇な音作り体験と『怪談の夕べ』葛飾北斎ゆかりのお寺「柳嶋妙見山法性寺」にて開催!

JTBグループの株式会社JTB 国内旅行企画(東京都品川区、代表取締役社長:大谷恭久)は、有限会社げんごろう(東京都墨田区 代表:平尾登紀子)と協力し、2011年度より暑い夏の夜にお寺で怪談を聴くイベントを実施しています。

今年は、来年開館予定の「すみだ 北斎美術館」オープン前告知イベントと位置付け、北斎ゆかりのお寺「柳嶋妙見山法性寺(やなぎしまみょうけんさん ほっしょうじ)で、鳴り物※による怪奇な音作り体験と『怪談の夕べ』を企画し、7月9日(木)に発売を開始します。

main
 ※鳴物:賑やかにはやし立てるために音を出す器具で、歌舞伎では下座音楽に用いる三味線以外の楽器の総称。
世界的な画家として評価の高い葛飾北斎は、本所割下水付近(現在の墨田区亀沢村付近)の生まれで、一時は、生活に窮し、絵筆を折ろうとまでします。しかし、「柳嶋の妙見さま」へ21日間お参りし、満願の日の帰り道に落雷に遭って失神。その後、めきめきと腕をあげ有名になり、数々の名画を残したと伝えられています。

今回は、北斎ゆかりの寺で、普段はあまり見ることのない日本古来の「鳴物」による「ひゅ~ドロドロ」をはじめとした怪奇な音の作り方を体験した後に、墨田の成り立ちには欠かせない物語「謎の振袖火事」、墨田の怪談「本所の猫婆」、そして、北斎「百物語」の妖怪画でも有名な小幡小平次を題材に墨田区在住の作家・岡崎柾男が新たに書き下ろした「幽霊殺人事件」の3本を、三味線の生演奏や鳴り物によって演出し、体の芯から涼しさを体感してもらうイベントに仕上げました。

開始前や休憩時間には、お寺の名画ギャラリーで、北斎や広重の浮世絵もご覧いただけます。

会場となる本堂には、北斎が描いた「百物語」のパネル4点の展示も行います。

また、3歳~小学生のお子様向けにはJTBコーポレートセールスが運営する「旅いく」のプログラムとして、15時半~17時まで「子どもと一緒にお寺で怪談!

『おばけの音作りとすみだの七不思議のおはなし』を開催し、夏休みの貴重な思い出作りのお手伝いをいたします。

JTBグループでは、地域に密着し、地域のみなさんと力を合わせて、その魅力を育て、広げ、交流を盛んにするために、頑張っている地域の取組を応援していきます。

【商品概要】一般のお客様向け

商品名:【お寺で怪談】『ひゅ~ドロドロ』鳴り物による怪奇音作り体験と『怪談の夕べ』
日 時:2015年8月7日(金)・8日(土)18:00~20:00
場 所:柳嶋妙見山法性寺
参加費用:お一人様 3,800円(税込)
募集人員:各回 60名

<スケジュール>
18:00   受付開始 名画ギャラリーや百物語の展示をご覧ください。
18:30   鳴物による怪奇な音作り実演 (AKARA)
19:00    怪談夕べ(原作・脚本:岡崎柾男、演出:平尾登紀子)
       1)謎の振袖火事(藤まき子)
       2)本所の猫婆(速名美佐子)
       3)幽霊殺人事件~小幡小平次~(北斗誓一/演奏:AKARA)
20:00   終了 解散
       当日使用した「鳴物」をご覧いただけます。

◆申込はこちら

Sponsored Link






【商品概要】 3歳~小学生 親子向け 「旅いく」

商品名:子どもと一緒にお寺で怪談!『おばけの音作りとすみだの七不思議のおはなし』
日 時:2015年8月7日(金)・8日(土)15:30~17:00
場 所:柳嶋妙見山法性寺
参加費用:小人:3,500円(税込)・大人:2,000円(税込)
募集人員:合計:60名

<スケジュール>
15:00 受付開始
15:30 鳴物による怪奇音作り体験ワークショップ (講師/演奏:AKARA)
16:15 休憩 名画ギャラリーなど見学
16:30 不思議噺(原作・脚本:岡崎柾男、演出:平尾登紀子)
    1)絵芝居 おいてけ掘(三宮正英/宮川かずき) 
    2)送り提灯(藤まき子)
17:00 終了・解散

◆申込はこちら

関連URL(JTBサイト)はこちら

出典:株式会社ジェイティービー

Sponsored Link






コメントを残す